TOP
看板の種類
Q&A集
看板写真集
会社概要


Q たれ幕・横断幕を注文したいと思っていますが
  加工方法がイマイチよく分かりません。

  当社では、お客様より特に指定がない限り、
  周囲縫製と周囲ハトメ加工でお届けいたしております。

周囲縫製とは、左の写真のように、
幕の周りを糸で縫いこんでしまいます。
そうする事により、強度がUPします。


周囲ハトメ加工とは、
幕の右下に取付けてある金具のことです。
ロープやひもを通す為の穴です。
このハトメ金具を「幕」の周囲に取付けいたします。

他に、よくある加工と致しまして、
「上下袋加工」がございます。

おもに、たれ幕(懸垂幕)によくある加工方法です。
幕の上部と下部に写真のように、縫製の段階で
袋状に加工します。

木材などを袋に通して、取付けをしやすくしたものです。
たわみや歪みなどもあまり出ることもなく、
しっかりと取付できます。
ご注文の際に、ご指定ください。 

 
Q 自分でデータを用意しようと思っているのですが?

  データは、イラストレーター・フォトショップで対応しております。
  イラストレーター対応バージョンはCS5対応です。
 
   書体はすべてアウトライン化、画像はEPS形式で配置してください。
  
  ワード・エクセル・パワーポイントも出力可能ですが、写真・画像等は解像度の高い
  ものをご使用ください。
  写真・画像データは配置したものではなく別個にお送り下さい。
  埋め込んだ画像は使用できません。

  対応できない場合もございますので、予めご相談ください。

  
  すべてのデータは、間違いを防ぐ為に
  JPEG・PDF等のレイアウトを確認する為のデータもお願い致します。
  
  
  お客様のイメージ(文章だけでも可)、画像データなどをお送り頂ければ、
  こちらでデータは無料にて作成いたしておりますので、ぜひご利用下さいませ。
  何回修整していただいても無料です。


Q スナップ写真や手描きの書体等は印刷できますか?

  はい、できます。
  写真を実際にお送りいただくか、スキャンしたものをご用意ください。
  スキャン画像は、300dpi以上の高解像度のものをご用意ください。
  また、ポジなどからの取込もできます。

Q  塩ビシートにプリントしたものを頼みたいと思っています。
  自分で貼る作業は出来るものなんですか?
  

  コツは必要ですが、十分出来ると思います。
  実際、そのようなお客様も多数いらっしゃいます。
  スプレーボトルなどに少量の中性洗剤(キッチン用で可)を垂らし、
  まんべんなく裏の糊面へスプレーして、ゴムヘラで中心から
    外側へ水分を押し出して下さい。
  水だけでも可能ですが、
     洗剤を入れてやるとすべりが良いので水分も押し出しやすいです。

  ドライ貼り(水スプレーなし)がベストではありますが、失敗しやすいので
  スプレーを使用した水貼りがよいと思います。

Q  アルポリック製の看板を頼みたいのですが?    

アルポリックとは、アルミ複合板のことです。
ほかに、アートパネル、ライトニュームなどと
呼ばれたりします。
アルミ複合板は、最近よく使用される看板資材です。 
プラスチック樹脂をアルミでサンドイッチした板なんですが、
当社では3㎜厚をよく使用します。                                            
良いところは、広告面がフラットに仕上がる、錆びない、
割れないなどが挙げられます。
また、非常に軽く、穴なけも容易、
丈夫なので看板枠なしでそのまま板ごとビス止めもできます。

当社でも、非常に人気のある商品です。
     

Q 金や銀は印刷できるの?

  たまにお問い合わせがありますが
  残念ながら、できません。
  
  金や銀などのメタリック色は、グラデーション処理などを使用して
    擬似的には表現できます。
   しかし、あくまで擬似的です。
  それらしくは見えるんですけどね。
  
  

Q デジカメの画像を使用したいのですが?

  なるべく撮影解像度が高いものが望ましいです。
  最低でも、200万画素以上のものをお送りください。
  
  最初から解像度が低いものだと、修整がなかなかできません。
  ドットが非常に荒いプリントとなってしまいます。
  
  遠めにしか見えないものであれば、それでも大丈夫ですが。。。



Q ターポリン製の横断幕(たれ幕等)は風で破れたりしないの?
  
  素材自体は、大変強い素材ですが
  ターポリン製の横断幕(たれ幕等)は風の影響を大変受けやすい商品です。
  強風時は、なるべく取り外すことをお勧めいたします。
  風に強いメッシュタイプもございますので、ご注文前にご相談ください。
  特に大きなサイズの場合は、風抜き穴などの風対策も行います。

Q ターポリン製の横断幕(たれ幕等)って、どれくらい耐久性があるの?

  耐久性は、使用頻度・使用条件によって異なります。
  「風が強い」「日光が良く当たる」等によって耐久性は短くなります。
  
  色落ちに関しては、溶剤プリンターを使用しており色落ちしにくい
     インクとなっております。
  メーカーは3年間を保障していますが、
  先程の諸条件と同じように条件で異なりますので予めご了承ください。
  
  ターポリンは縫製の段階などで、小さな擦れキズや折り目が付き易い商品です。
  3m程度離れて見ても明らかに酷い傷の場合は再出力してお渡ししております。
  申し訳ありませんが、その点は予めご了承ください。
  
  液体ラミネートを表面に塗布することにより、耐候性をUPする事ができます。
  傷つき防止効果・UVカット防止効果もあり通常の製品より長持ちします。
  ご希望の方は、お問い合わせ下さい。