TOP
看板の種類
Q&A集
看板写真集
会社概要


●ビニール(ターポリン)看板

木枠にビニール(ターポリン)などを貼った看板です。
値段も安く、かなり長持ちします。
一番導入しやすいタイプの看板です。サイズも自由にできます。
お店の販促にどうぞ。短期のイベントなどにも、よく使用されていますよ。
発色もよいので印刷も綺麗に仕上がりますよ。もちろん、フルカラーでご提案します。

●A型(拝み)看板

素材はいろいろですが、看板2枚を金具で抱き合わせたものです。
看板を置いた状態を横から見るとAの形に見えることから、このようによばれています。
折りたたみができるので、収納にも便利ですよ。両側から見えるので宣伝効果も抜群です。低コストでのお店のアピールに最適です。

●ステ看板(誘導看板)

当社のサイズは通常、横が360㎜、高さが1500㎜で足が300㎜ついてます。
木枠に溶剤プリンターでビニールに印刷します。木枠は通常の看板に使用するものより細い(捨て看用の枠)です。
紙製(ユポ紙など)のものより、耐久性もあり発色も抜群です。
もちろん、フルカラーでご提案します。イベントのお知らせや、マンション販売の誘導などで、よく見かけませんか?。よく目に付き短期の集客に効果大です。

●トタン看板・アルミ複合板看板

基本的には木枠に、アルミ複合板やトタンを貼りこんだものです。
ローコストで製作でき、耐久性もありますよ。トタン看板は現在でも主流の看板です。
これで何メーターもある大型看板もできます。鉄骨やアルミなどで枠も作れますよ。
アルミ複合板はトタン看板より、板面がフラットに仕上がります。
軽い、錆びない、丈夫!の3拍子揃った新素材です!
トタン看板とは違い、枠なしでも使用できるのも特徴の一つです。
現在、トタンに変わって主流になりつつあります。アルポリックなどとも呼ばれます。

●ターポリン製のたれ幕・横断幕

溶剤プリンターでターポリン(ポリエステル繊維を加工したもの)に印刷し幕に加工したものです。
各種イベントやセール、工事現場用など使用方法はたくさんあります。
スポーツ選手の応援幕なんかもできますよ。もちろん、フルカラーで、写真だって入れちゃいます。
小さなものから、大きなものまでサイズも自由自在ですよ。イベントやセールの告知など絶大な効果を発揮します。メッシュタイプもご用意出来ます、用途に合わせてお選び下さい。

●電照看板

内部から蛍光灯などで、板面を照らす看板です。
街中を見上げてみれば、そこらじゅうに溢れているタイプの看板です。でも、最近はFFシートなるものの登場でデザインの幅も広がりました、このFFシートに溶剤プリンターで印刷ができるので、イラスト、写真だって思いのままです。もちろん、アクリルの板面も健在です。FF製のものは、大型の看板に使用することが多いですね。

●袖看板

これは、建物の壁面からつき出したタイプの看板のことを言います。
電照看板との組み合わせがもっともポピュラーですが、パネル製のものでも効果は大です。
この手のタイプは通りを走る車や、歩道を歩く人から、よく見えますので視認性も大です。ポールに取付ければポール型広告塔・突き出し看板とも言ったりします。 

●タペストリー

店舗などの入口横で、インテリア・装飾用に吊り下げるものです。
素材は店内であれば、ポスター用合成紙。屋外使用ならば、ターポリンが多いですね。
例えば、お食事のメニューだったり、今イチオシの商品などを、印刷して店頭にどうですか?
もちろん何色使っていただいても構いませんし、写真もご自由にどうぞ。上下に袋加工を施してポール付きでお届けいたしますよ。

●POP

発泡パネル(当社では5mm厚をよく使います)に出力したものを貼りこんだものです。
おもに室内展示用ですね。イベントなどで、よく重宝されます。
例えば、「飲食店ショーケース内のメニュー」「販促用のオリジナルポスター」や「○○コーナー」とか・・・。そんな使われ方が多いです。
専用のアルミフレームを取り付ければ、熱による反りも少なく、壁から吊り下げるものもできます。

●表示看板

表示看板って言ってもいろいろですが、店名・会社名などが入っていれば表示看板といえますね。いわゆる広告板です。
鉄骨製のものから、木製、アルミ製・・・。店舗看板はもちろん、空き土地に付いている「売地」の看板(宅地看板)だったり、アパートのネームプレート、道路わきによくある「○○まで、あと何キロ」とか。屋号の表示、お店の駐車場案内の看板だったり。 
遠くからでも視認でき、案内表示や会社、企業イメージのお知らせ、誘導案内とその効果は抜群です。                                   

●講演会用看板

これは、会館等のステージ上に吊り下げる看板です。
一般的には、木枠に布やビニールを貼りカッティングシートなどで仕上げます。
もちろん、会場の大きさに合わせてレイアウトも自由にできますよ。これにあわせて、講演会であれば講演の題目などの入った紙製の「たれ幕」もできます。

●スタンド看板

お店の店頭によくあるタイプの看板です。
人気は電照タイプのものが多いですね。夜になるとその威力を発揮します。台座の下にキャスターを付ければ移動もらくらくです。
種類も、鉄板製、アルミ、ステンレスのものや、形、大きさも様々です。
最近はLED製のものも多いですね。ご予算・大きさ等ご指定頂ければ、最適なものをご提案いたします!

●シート加工(マーキングフィルム)加工

小さな文字のカットサービスから、お店のガラス面へのシート貼り施工、車へのカーマーキングなど。
車は走る広告塔ですよね。その効果は絶大です。今は、ロゴ社名はもちろんのこと、溶剤プリンター出力で写真だって貼れますよ。オリジナルシールの製作も承っております。            
シートは、色も種類も様々ございます。フォグラス(スリガラス風)やスモークタイプ、ミラータイプなどもございます。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。
※磁力でピタッと簡単貼り付けのマグネットサインも取り扱っています。 


●長崎のお盆行事「精霊流し」関連の文字入れや帆の製作も承っております。

○お客様のご予算、用途に応じていろいろとアドバイスも出来ると思います。詳しいことは、ご遠慮なくお問い合わせください。